ヤクルト、石川―石山で秋田リレー 金足農旋風乗った 3カード連続勝ち越し

[ 2018年8月20日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト8―5阪神 ( 2018年8月19日    神宮 )

金足農出身の石山(右)からウイニングボールをもうう秋田商出身の先発・石川(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 3点リードの9回1死満塁。ヤクルトの石山は鳥谷を二ゴロ併殺に仕留めると、安どの表情を浮かべた。

 「吉田君みたいに三振を取れたら楽なんですけど…。危なかったですね。石川さんに勝ちがついて本当に良かった」。守護神は甲子園大会で34年ぶりに準決勝に進出した母校・金足農の後輩にあたる絶対エースを引き合いに出し、猛省した。

 2つの四球などで無死満塁の大ピンチ。ヒヤヒヤだったが、無失点で切り抜けて21セーブ目を挙げた。母校が準決勝進出を決めた前日には「明日(19日は甲子園の)試合がないので、石川さんと僕でいいところを見せたい」と誓い、同じ秋田県出身の先発・石川から始まった勝利のバトンを落とさなかった。

 石川は6回1/3を4失点。6月12日以来68日ぶりの5勝目を挙げ「どんな形であれ、チームが勝って、自分にも勝ちがついてホッとしました」と振り返る。秋田商出身の左腕にとって、金足農の中泉一豊監督は青学大の先輩で、高校時代には秋田商のコーチを務めていた。クラブハウスでは石山とともにテレビで金足農を応援し、故郷・秋田の盛り上がりを喜んでいる両腕。チームを3カード連続の勝ち越しに導いた。 (細川 真里)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月20日のニュース