大阪桐蔭・柿木、ブルペン28球 準決勝先発有力「勝てるピッチングを」

[ 2018年8月20日 08:17 ]

第100回全国高校野球選手権記念大会準決勝   大阪桐蔭―済美 ( 2018年8月20日    甲子園 )

西谷監督(左)の見守る中、ブルペンで投げ込む柿木(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 大阪桐蔭は最速151キロのエース柿木がブルペン入り。カーブ、スライダー、フォークを交えて28球を投じ「バランスを意識して投げました」と汗を拭った。

 今大会は先発、抑えのフル回転でチームを支える。有力視される準決勝での先発に向け「0点に抑え、勝てるピッチングをしたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月20日のニュース