大阪桐蔭・根尾が逆方向へ27号 虎スカウト絶賛「なかなかできない」

[ 2018年7月4日 08:00 ]

練習試合   大阪桐蔭(北大阪)10―6近大付(南大阪) ( 2018年7月3日    シティ信金スタ )

高校通算27号を放った大阪桐蔭の根尾  
Photo By スポニチ

 今秋ドラフト1位候補の大阪桐蔭・根尾昂内野手(3年)が3日の練習試合・近大付戦で高校通算27号を放った。5番・遊撃で先発すると、3点を追う6回2死から甘く入った直球を強振。巨人、広島、オリックスなど8球団14人のスカウトや編成担当者が視察する中、左翼へ鋭い一撃を放り込んだ。

 1日にあった東海大相模戦の2試合目に4打席連続三振を喫した背番号6。「打つ気満々でした」という一戦でボール球をしっかり見極め、結果につなげた。同じくドラ1候補の藤原に並ぶ高校通算27号。普段から数字に無頓着な根尾は「藤原に教えてもらいました」と笑った。

 阪神の畑山俊二チーフアマスカウトは「振り切った打球を逆方向へ持っていくのはなかなかできないこと。彼のスイングスピードゆえの打球」とうなった。2安打の藤原についても「中堅から右方向へ強い打球が打てているし、走るのも打つのも万全に近い」と評価した。(吉仲 博幸)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月4日のニュース