頭部死球のヤクルトの青木 2試合連続スタメン外れる 守備練習で「フラフラする」

[ 2018年7月4日 17:33 ]

セ・リーグ   ヤクルト―広島 ( 2018年7月4日    マツダ )

<広・ヤ>2試合連続でスタメンを回避した青木(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの青木宣親外野手は、2試合連続でスタメンを外れた。

 6月30日の阪神戦で頭部に死球を受け、翌7月1日は欠場。広島戦が雨天中止となった前日3日には全体練習に復帰し、打撃練習で快音を響かせていた。練習後には「大丈夫。こういう感じだったら出られる」と先発復帰に意欲を見せていた。

 この日もフリー打撃をこなしたが、守備練習をした際に、自身で見送りを決めた。小川監督は「本人が守りに行ってフラフラするというので仕方がない」と説明した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月4日のニュース