楽天 青森開催2年連続勝利ならず 古川が元同僚・西田に被弾

[ 2018年7月4日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天2―5ソフトバンク ( 2018年7月3日    弘前 )

<楽・ソ>3回に2点を失った古川(右)(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 楽天は青森開催を2年連続の勝利で飾れなかった。先発の古川が、昨季までの同僚・西田に左中間ソロを浴びるなど5回5失点で3敗目を喫し「ゲームの入りは良かったが(失点した)3、4、5回は追い込んでからのボールが甘くなった」と反省した。

 パ・リーグでは33年ぶりの青森開催だった昨季を上回る1万3304人を動員したが、苦杯をなめ、平石監督代行は「ちょっと流れを向こうに持っていかれた。古川はもっと大胆に投げていい」と悔しさをにじませた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月4日のニュース