“二刀流”DeNAウィーランド3勝目 2回に自ら先制呼ぶ二塁打

[ 2018年7月4日 21:50 ]

セ・リーグ   DeNA8―4巨人 ( 2018年7月4日    東京D )

<巨・D>2回2死一塁、ウィーランドは左中間へ二塁打を放つ(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 DeNAのジョー・ウィーランド投手(28)が投打の活躍で3勝目(4敗)を挙げ、チームの連敗を2で止めた。

 2回2死から嶺井が振り逃げで出塁。続くウィーランドは左中間に二塁打を放つと、相手の守備がもたつく間に一塁から嶺井が生還し先制した。打点はつかなかったものの、3回にも4点の援護をもらうと、6回0/3を7安打4失点。2番手・パットンがピンチをしのぎリードを守ると、9回には戸柱の3点二塁打でダメ押しした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月4日のニュース