ラミ監督 相性悪い陽岱鋼に三上投入裏目「デジャビュだ」

[ 2018年7月4日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA5―6巨人 ( 2018年7月3日    東京D )

<巨・D>選手交代を告げ、ベンチへ戻るラミレス監督(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAは継投が裏目に出て、前半戦最後の9連戦は黒星スタートとなった。2点リードの7回2死満塁で、ラミレス監督は4番手・三上を投入したが、陽岱鋼と宇佐見に2者連続で2点適時二塁打を浴びて逆転を許した。

 昨季まで三上は陽岱鋼に3打数3安打2本塁打で、昨年8月には7回に同点3ランを浴びている。データを重視する指揮官は「相性が悪いのは分かっていたが、あの場面で他に投げる投手はいなかった。デジャビュだ」と嘆いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月4日のニュース