巨人・田口 今季初の2軍落ち 5回途中5失点KOで自身5連敗

[ 2018年7月4日 23:08 ]

セ・リーグ   巨人4-8DeNA ( 2018年7月4日    東京D )

<巨・D>3回、ソト(左)に適時打を打たれた田口(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 巨人の連勝は3でストップし、4位に転落した。先発・田口が崩れた。4回1/3を8安打5失点KO。自身5連敗となる6敗目で、試合後には2軍落ちが決まった。

 斎藤投手総合コーチは「ちょっときつい。下でしっかりやるように本人にも伝えた」と話した。2回に投手・パットンの二塁打に味方の失策も絡んで1点を失うと、3回には四球と安打で4失点を喫した。開幕からローテーション入りしながら、ここまで2勝6敗、防御率4・92と不振。これで5月5日のDeNA戦を最後に、8試合連続で勝ち星がない。

 「期待しているし、やってもらわないといけない投手」と復調を信じて起用してきた高橋監督も「調子が上がってこない。何とかしないといけない」と表情を曇らせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月4日のニュース