大学代表唯一の“1年生侍”磯村「自信になった」2回完全3K

[ 2018年7月4日 05:30 ]

練習試合   侍ジャパン大学代表2―7東京ガス ( 2018年7月3日    東京ガスグラウンド )

<侍ジャパン大学代表・東京ガス>2回完全投球を見せた侍ジャパン大学代表・磯村
Photo By スポニチ

 世界大学野球選手権(6日開幕、台湾)に侍ジャパン大学代表として出場する東京六大学選抜が東京ガスと練習試合を行った。2―7で敗れたが、唯一の「1年生侍」の明大・磯村が4回から2番手で2回完全投球。左腕は最速140キロの直球と「外国人は縦の変化に弱い」と習得した新球チェンジアップを駆使し3三振を奪い「東京ガスの選手から三振を取れて自信になった」と話した。

 指揮する慶大・大久保秀昭監督は「頭(先発)もある」と評価。49歳の誕生日を迎え、選手、マネジャーからサプライズでケーキを贈られた指揮官は「W杯が盛り上がっているけど、野球がサッカー人気にのみ込まれちゃう。野球の魅力を引き継いでいく上でも頑張りたい」と同大会初優勝を誓った。4日に台湾入りする。(渡辺 剛太)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月4日のニュース