大リーグ機構 ヤンキースのガードナーに罰金科す 打席で遅延行為

[ 2018年7月4日 09:27 ]

ヤンキースのブレッド・ガードナー外野手 (AP)
Photo By AP

 米国メディア「nj・com」は3日、大リーグ機構がヤンキースのブレッド・ガードナー外野手(34)に対し、試合中に遅延行為があったとして2000ドル(約22万円)の罰金を科したと報じた。

 ガードナーは4月と5月の試合で打席に時間をかけて入るといった遅延行為があったという。本人はこの件に関するコメントを差し控えている。今季の成績はチームの正左翼手としてここまで68試合に出場して打率2割5分1厘、5本塁打、21打点。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月4日のニュース