日米大学野球開幕 日本、米国に勝利 明大・森下から4安打完封リレー

[ 2018年7月4日 13:05 ]

第42回日米大学野球選手権   日本1―0米国 ( 2018年7月4日    米ノースカロライナ州シャーロット・BB&Tパーク )

 日本時間4日午前に開幕。侍ジャパン大学代表が1―0で米国を下し、開幕戦を白星で飾った。

 先発の森下暢仁投手(3年、明大)が5回無失点で勝利投手。2番手以降は津森宥紀(3年、東北福祉大)、伊藤大海(2年、苫小牧駒大)、小郷賢人(2年、東海大)とつなぎ、最後は今秋ドラフト候補の159キロ右腕・甲斐野央(4年、東洋大)が1回零封締め。米国を4安打完封リレーで抑えた。

 打っては5番・三塁で先発した伊藤裕季也(4年、立正大)が6回に中前適時打で貴重な1点をもぎとった。

 第2戦は日本時間5日午前7時5分から同州ダーラムで行われる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月4日のニュース