【ファーム情報】楽天 巨人にサヨナラ勝ち 阪神・江越が2本塁打

[ 2018年7月4日 17:27 ]

 プロ野球のファームは4日、ナイターを含めてイースタン、ウエスタン両リーグで計5試合が行われた。

 楽天は巨人戦(森林どり泉)に2―0で9回サヨナラ勝ち。9回1死一塁で山下が右中間にサヨナラの4号2ランを放った。先発・安楽は117球を投げ、散発5安打の無四球完封で3勝目(1敗)。巨人先発・メルセデスは8回2安打無失点。戸根が1/3回を1安打2失点で1敗目(1勝)。

 ヤクルト―DeNA戦(戸田)は、強風のために5回終了でコールドゲーム。2―2で引き分けた。ヤクルトは2番・宮本が1安打2打点。先発・岩橋は4回4安打2失点だった。DeNA先発・飯塚は5回完投で7安打2失点。

 日本ハムはロッテ戦(ロッテ浦和)に7―3。松本が1号3ランなど2安打3打点。岡が3安打1打点と活躍した。3番手・立田が2回3安打1失点で1勝目(2敗)。ロッテは先発・種市が6回7安打4失点で2敗目(1勝)を喫した。

 ウエスタン首位の阪神は広島戦(由宇)に5―1。江越が3回に9号ソロ、9回に10号ソロと2本塁打を放つなど3安打2打点だった。高山も4安打2打点。先発・福永は6回8安打1失点でリーグトップタイの6勝目(1敗)。広島は先発・高橋樹が4回7安打4失点で1敗目。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月4日のニュース