清宮 単独トップ15号 27打席ぶり一発、グリップ位置修正

[ 2018年7月4日 05:30 ]

イースタン・リーグ   日本ハム9―10ロッテ ( 2018年7月3日    ロッテ浦和 )

<ロ・日>8回1死二塁、逆転15号2ランを放つ清宮
Photo By スポニチ

 日本ハムドラフト1位・清宮は、イースタン・リーグのロッテ戦に「3番・左翼」で出場し、公式戦6試合、27打席ぶりとなるリーグ単独トップの15号2ランを放った。

 1点を追う8回1死二塁の第4打席、ロッテ・西野が投じた136キロフォークを逆方向の左翼席へ運んだ。打撃の不調を映像で分析し、下がっていたグリップ位置を修正し「良い感じだった。反応できた。(中飛と右飛の)1、2打席目も悪くなかった」と話した。

 守備でも3回無死一塁で浅い左飛を滑り込んで捕球、一塁への素早い送球で併殺に仕留める好プレーも見せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月4日のニュース