巨人マシソン 4年ぶり“回またぎセーブ” 危険球退場の沢村救う

[ 2018年7月4日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人6―5DeNA ( 2018年7月3日    東京D )

<巨・D>9回を3者三振で締めたマシソンは気合のガッツポーズ (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 巨人・マシソンが4年ぶりの「回またぎセーブ」をマークした。

 8回、沢村が桑原への頭部死球で危険球退場。2死一、三塁での緊急登板だったが「プレッシャーはあるが楽しもうと思った」と、神里を空振り三振に仕留めると、9回はソト、筒香、宮崎を三振斬り。圧巻の4者連続空振り三振で今季3セーブ目を挙げた。危険球退場の沢村は「マシソンに申し訳ない。(次は)逆にカバーできるように」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月4日のニュース