千賀 被弾も6勝「完了まで投げたかった」

[ 2018年7月4日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク5―2楽天 ( 2018年7月3日    弘前 )

<楽・ソ>工藤監督(左)と千賀が握手を交わす(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・千賀が今季6勝目を挙げた。初安打を許した4回に2死一、三塁を招くもアマダーを空振り三振に斬り、6回までスコアボードにゼロを並べた。

 ただ、7回1死一塁ではアマダーに右中間2ランを浴びた。2死後に投球数が100球を超えて降板。「最後、ああいう形で点を取られて代わることになった。完了まで投げたかった」と唇をかんだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月4日のニュース