イチロー 代打で空振り三振 好機で登場も快音聞かれず

[ 2017年6月7日 12:18 ]

ナ・リーグ   マーリンズ2―10カブス ( 2017年6月6日    シカゴ )

カブス戦で空振り三振に倒れたイチロー (AP)
Photo By AP

 マーリンズのイチロー外野手(43)は6日(日本時間7日)のカブス戦に代打で起用され、空振り三振に倒れた。その後に守備には就かず、この日は1打数無安打。

 イチローは2―4とチームがビハインドの7回に登場。2死二塁の好機でカブスの3番手・ストロップと相対したが、1ボール2ストライクと追い込まれ、最後は157キロを計測した低めのストレートにバットが空を切った。

 試合はマーリンズが2―10で敗戦。なお、カブスの上原は登板しなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月7日のニュース