青木 3戦連続打 日米通算2000安打まであと3本

[ 2017年6月7日 11:02 ]

ア・リーグ   アストロズ7―9ロイヤルズ ( 2017年6月6日    カンザスシティー )

アストロズの青木 (AP)
Photo By AP

 アストロズの青木宣親外野手(35)は6日(日本時間7日)のロイヤルズ戦に「9番・左翼」で先発出場。5回の第3打席で遊撃への内野安打を放ち、日米通算2000安打まであと3本とした。これで青木は3日のレンジャーズ戦から出場3試合連続安打。

 遊ゴロ、左飛と続けて凡打に倒れた青木。しかし、第3打席はロイヤルズの2番手・マッカッシーが投じた初球を三遊間へ流し打ち。これを遊撃・エスコバーがつかみ、一塁へ送球したが、青木の足が勝りセーフとなった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月7日のニュース