日本ハム・レア―ドが5月「月間MVP」 自身2度目の受賞

[ 2017年6月7日 13:43 ]

 5月度の「日本生命月間MVP賞」が7日に発表され、打者部門で日本ハムのブランドン・レアード内野手(29)が選出された。昨年5月度に続く、自身2度目の受賞。日本ハムからは昨年9月度の増井浩俊投手以来、通算71度目の選出(オリックスと並ぶ最多タイ)となった。

 レアードは5月度、5番打者としてチームの全23試合に先発出場し、リーグトップの長打率(・753)をマークし、打点(27)はリーグ最多、本塁打(10)はリーグ最多タイ、塁打(61)がリーグ3位などの好成績を残した。

 先制本塁打3本、逆転本塁打1本に加え、同点打と勝ち越し打が各2本と計8本の殊勲安打を放ち、2打点以上をあげた7試合でチームは全勝。12日、13日のロッテ戦では、2試合かけて4打数連続本塁打(プロ野球タイ記録)を記録した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月7日のニュース