11連敗巨人にOB緊急提言 張本勲氏 一発期待できる打者使え

[ 2017年6月7日 06:45 ]

セパ交流戦   巨人5―8西武 ( 2017年6月6日    メットライフD )

<西・巨>西武に敗れ、肩を落として、球場を後にする阿部
Photo By スポニチ

 私が巨人に移籍したのが76年。その前年、最下位になった75年以来の11連敗には「喝!」だろう。先発の菅野、田口の左右2枚が安定していただけに、まさかここまでの連敗を喫するとは思わなかった。

 首脳陣は手を替え、品を替えてやっている。選手がどうにも応えてくれない。打線も固定できず、軸となるべき打者が不在。連敗中には1番も打った坂本勇は3番に固定すべき。DHのないセ本拠地の試合では休養した阿部だが、誰と4番を組むか。とにかく、今の巨人打線は相手投手に「怖い」と思わせることができていない。ここが最大の弱みだ。

 11連敗中はわずか4本塁打。長打力不足は深刻で、相手投手は臆せずどんどんストライクで勝負してくる。こんな時は多少粗削りでもいいから、本塁打を期待できる打者をスタメンで起用すべき。本来なら若手の岡本の名前を挙げたいが、思ったように伸びてこない。そこに現状の巨人のジレンマがある。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月7日のニュース