ヤク、サヨナラ負けで6連敗 バレンティン欠場…貧打に拍車

[ 2017年6月7日 05:30 ]

交流戦   ヤクルト1―2ソフトバンク ( 2017年6月6日    ヤフオクD )

10回2死一、三塁、坂口(左)が三振に倒れガックリのベンチ
Photo By スポニチ

 ヤクルトは引き分けを挟んで今季ワーストタイの6連敗を喫した。延長10回2死三塁。ソフトバンク・柳田のボテボテの三塁線の打球を見送ったが、フェアゾーンで止まり、内野安打でサヨナラ負け。投手の久古は「ボールが一瞬、(ファウルゾーンに)切れるように見えた。捕ってセーフより、切れてファウルの方がいいと思った」と話し、三木ヘッドコーチは「柳田の足を考えれば(ボールを)捕ってもセーフ。あの場面に関していえば、あの選択で良かった」とかばった。

 敗因は打線だ。相手先発・東浜にひねられた。真中監督も「それに尽きる」とした。4日の西武戦(神宮)の走塁中に右足に違和感を訴えたバレンティンが欠場。きょう7日の試合出場は当日の状態で判断するが、交流戦白星のないチームには主砲のアクシデントは痛すぎる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月7日のニュース