陽岱鋼、巨人移籍後初出場 先制2点打も「勝ちたかった」

[ 2017年6月7日 05:33 ]

交流戦   巨人5―8西武 ( 2017年6月6日    メットライフD )

3回1死二、三塁、中前に先制適時打を放った陽はガッツポーズ
Photo By スポニチ

 FAで加入した巨人・陽岱鋼(ヨウダイカン)が「1番・中堅」で移籍後初出場し、3回1死二、三塁から中前に先制となる2点打。フル出場し、5打数1安打2打点だった。

 下半身の張りで開幕からファーム暮らしが続いていただけに「連敗を止める気持ちでここに来た。みんなが勝ちたい気持ちは伝わってくる。」と悔しがった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月7日のニュース