マー君 悪い流れ断ち切れず… 3被弾5失点で自身5連敗

[ 2017年6月7日 14:38 ]

マウンドで通訳を介して投手コーチと話す田中 (AP)
Photo By AP

 ヤンキースの田中は6日(日本時間7日)のレッドソックス戦に先発して6敗目。3本の本塁打を浴びるなど、安定感を欠き、5回5安打5失点の内容で自身5連敗を喫した。

 田中は5月8日のレッズ戦を最後に白星なし。5連敗中は22回2/3を投げ、27失点を許して被本塁打は11という内容。レッドソックスには4月27日の登板で完封勝利を収め、通算でも6勝2敗と相性の良い相手だったが、この日も悪い流れを断ち切ることができなかった。

 なかなか安定感を取り戻せないでいる田中。試合後には通訳を介し、「きょうに関しては、良い球もあれば悪い球もあった」とコメント。「悪い球が致命的なミスとなった。真ん中に入ってしまった」と続け、肩を落とした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月7日のニュース