広島 バティスタ 1日2本塁打で4戦4発「優勝したい」

[ 2017年6月7日 21:36 ]

交流戦   広島8―3日本ハム ( 2017年6月7日    札幌D )

<日・広>5回2死、左翼へ特大のソロ本塁打を放ち、打球の行方を見守るバティスタ
Photo By スポニチ

 広島の育成出身・バティスタが7日の日本ハム戦に8番左翼で先発出場し、3安打3打点の活躍でチームの4連勝に貢献。2回の第1打席に斎藤佑から逆転の3号2ランを放つと、5回の第3打席でも2番手・エスコバーから4号ソロを放った。

 1試合2本塁打に「初めてではないです。二軍で打ったことがあります」と笑顔。この日1本目の逆転弾は「甘い球を狙っていた。なんとかホームランになりました」と狙い通りの一発。2本目については「高いゾーンをどんどん打ちにいきました」と振り返った。

 6日は初のスタメン出場も4打数無安打に終わり「きょうは集中した。コンパクトスイングを意識し直しました」と修正能力の高さをみせた。チームは4連勝で首位をキープ。昨季は育成選手の身で優勝の輪には加われなかったため「勝ちたいです。優勝したいです」とドミニカンの鼻息は荒い。

 最後に札幌ドームに駆けつけたファンに向かって「明日もまた来てくれませんか?」とおねだり。カープファンにはすっかりお馴染みとなったバティスタとブルペンキャッチャー兼通訳のクレートさんとのコンビの初々しいヒーローインタビューに温かい拍手が送られた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月7日のニュース