ロッテ・サントス「走り打ち」初成功 内野安打2本に笑顔

[ 2017年6月7日 05:30 ]

交流戦   ロッテ0―3中日 ( 2017年6月6日    ZOZOマリン )

6回1死、サントスは走り打ちで投前内野安打を打つ
Photo By スポニチ

 ロッテは今季7度目の零敗を喫した打線でサントスは2安打。WBCキューバ代表でも話題になった「走り打ち」を、加入後初めて成功させた。

 「今日はやろうと思っていた」といい、4、6回にいずれも打球を高く弾ませる内野安打。試合前に母国の「至宝」こと、中日のリナレス巡回コーチから「リラックスしてやれ」と助言を受けたサントスは「イメージ通りの打球が打てた」と笑顔だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月7日のニュース