侍J藤浪4回3失点も「今後の自分に生かせれば」

[ 2017年3月20日 05:30 ]

練習試合   日本4―6カブス ( 2017年3月18日    メサ )

<カブス・日本>3回に勝ち越され精彩を欠いた先発・藤浪(左)
Photo By スポニチ

 侍ジャパンの藤浪にとっては全てが財産だった。4回4安打3失点。滑るWBC公式球を制御できず4四球を与え、硬いマウンドにも苦しんだ。それでも「今後の自分に生かせればと思う。なかなかできる経験ではない」と晴れやかな顔だった。

 初回、先頭の川崎を二塁内野安打で出塁させると、次打者・ゾブリストの初球に二盗を許す。その後、2つの内野ゴロで同点とされ、3回には無死から川崎に与えた四球を発端に2点を失った。

 「相手はメジャーリーガーがいるし、力んだ。もう少し、力を抜いてストライク先行で投げられれば良かったと思う」

 初回に98マイル(約158キロ)を計測し、3回のアウトは全て空振り三振で記録。異国の地で、メジャーリーガーを相手に実力を示した。

 衝撃の初対面だった。初回、川崎に打席から「来い、晋太郎!」と思わぬ“挑発”を受けた。「日本では、あまりそんなことがないので驚きました。ただ、そういう方だというのは聞いていましたので」と笑顔。試合後には川崎から「いい球、きてましたね。晋太郎。素晴らしいです」と絶賛を受けた。「こちらでバリバリやられている方と対戦することができて、すごく光栄に思います」と新鮮な刺激も得た。

 この日、91球を投じたことで決勝トーナメントでの登板の可能性は限りなく、低くなった。それでも侍の一員として、戦う覚悟は変わらない。最後に藤浪は世界一奪還という最大の財産を得て、日本へと帰る。 (桜井 克也)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月20日のニュース