DeNA先発の三嶋、4回7失点にがっくり「走者出て冷静になれなかった」

[ 2017年3月20日 15:26 ]

オープン戦   DeNA―ソフトバンク ( 2017年3月20日    横浜 )

<D・ソ>4回1死、ソフトバンク・上林(右)に右越えソロを浴びたDeNA先発・三嶋
Photo By スポニチ

 開幕ローテーション入りを狙うDeNA・三嶋がソフトバンク戦(横浜)に先発したが、4回8安打7失点と打ち込まれた。

 初回に連打で2死一、二塁とされ、明石にカウント3ボールからストライクを取りにいった直球をはじき返されて中越えの2点二塁打。続く長谷川には左中間に2ランを運ばれた。「状態自体は悪くなかったが、全体的にボールが先行して甘くなったところを打たれてしまった」。2回に今宮に適時打。4回には上林に右翼最上段へ達するソロ本塁打を浴びた。

 14年には開幕投手を務めた右腕は「走者が出てから冷静になることができなかった」と唇を噛んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月20日のニュース