広島 ドラ1加藤、5回2失点も4四球 102球に不満げ「課題多かった」

[ 2017年3月20日 18:13 ]

オープン戦   広島3―3オリックス ( 2017年3月20日    マツダ )

オリックス戦に先発した広島・加藤
Photo By 共同

 広島は先発枠候補のドラフト1位ルーキー加藤(慶大)が制球に苦しんだ。5回を2失点にまとめたが、4四球を許し「結果よりも内容が良くなかった。課題が多かった」と不満顔だった。

 球数も自然と増え、5回で102球。予定していた6イニング目を前に降板することとなり、緒方監督は「開幕ローテーションを判断するまでには至ってない」と話すにとどめた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月20日のニュース