熊本工・山口 制球乱れ9失点「悪いピッチングが全部出た」

[ 2017年3月20日 05:30 ]

第89回センバツ高校野球・第1日   熊本工0―9智弁学園 ( 2017年3月19日    甲子園 )

<熊本工・智弁学園>9回1死二塁、智弁学園・太田(左)に2ランを浴びる熊本工・山口
Photo By スポニチ

 <熊本・熊本工>最速149キロの注目右腕・山口が11安打を浴びて9失点と崩れた。制球が乱れ、「自分の悪いピッチングが全部出た。テンポよく投げられなかった」と硬い表情だった。

 昨年4月の熊本地震後、学校は避難所となり、1カ月ほど練習ができなかった。差し入れなどの支援も受け、ナインは感謝の気持ちを胸に甲子園でプレー。自宅が全壊判定を受けた二塁手の平野は「一番の恩返しは勝つことだった」と悔しさをにじませた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月20日のニュース