侍J宮西 ダル効果で堂々0封「ボールに対応できている」

[ 2017年3月20日 05:30 ]

練習試合   日本4―6カブス ( 2017年3月18日    メサ )

<カブス・日本>7回を終え、笑顔の宮西(右)
Photo By スポニチ

 侍ジャパンの宮西が4番手として7回から登板して1回1安打無失点と好投。1死から代打のT・デービスに左前打されたが後続を抑え「いつも通り投げられた。体は重たかったが、手に汗をかき、しっくりきていた。ボールに関しては対応できている」。

 前日は増井、秋吉とともにレンジャーズのキャンプ地のダルビッシュを訪問。クラブハウスなどを見学し「(施設が)凄いと思った」と刺激を受けた。準決勝でも守護神へとつなぐ勝利の方程式を担う。「打者の狙い球が日本と違うことは分かっているが、外角に真っすぐを丁寧に投げれば大丈夫」と自信をのぞかせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月20日のニュース