侍J坂本 内角を得意の右打ち「右方向に飛んでいった」

[ 2017年3月20日 05:30 ]

練習試合   日本4―6カブス ( 2017年3月18日    メサ )

<カブス・日本>8回2死三塁、右前に適時打を放つ坂本
Photo By スポニチ

 侍ジャパンの坂本が8回、2点を返し、なお2死三塁から代打で出場。右腕ビーラーが内角に投じたカットボールを右前適時打とした。得意の内角打ちで逆方向に運び「普通に打ちにいったら、右方向に飛んでいった。(球場の)雰囲気がいい。暑いですけど湿度は低い」と振り返った。

 準決勝の相手は米国に決まった。「力のある投手が多いと思うので、強引にならずコンパクトに」と見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月20日のニュース