ロッテ 大嶺翔、2安打1打点 開幕スタメン意欲「タイミング取れている」

[ 2017年3月20日 19:38 ]

オープン戦   ロッテ6―3阪神 ( 2017年3月20日    ZOZOマリン )

7回、ロッテ・大嶺翔が中前に適時打を放つ
Photo By 共同

 ロッテの大嶺翔が20日、阪神戦で2安打1打点と活躍した。オープン戦打率は・370と好調で「タイミングが取れている」と話した。

 31日の開幕戦で対戦するソフトバンクの投手は和田。この日は二塁と三塁を守ったが、一塁、遊撃、外野もこなすユーティリティー。左投手相手の出番が多い25歳は「開幕戦が左投手なので、そこを第一目標にやっていきたい」と開幕スタメンを狙う。山下野手総合兼打撃コーチは「去年から目の色を変えて練習している。レギュラーを目指してほしい。楽しみな選手」と期待した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月20日のニュース