湯浅直樹は17位、ミレル優勝 W杯男子回転最終戦

[ 2017年3月20日 09:50 ]

 アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は19日、米コロラド州アスペンで男子回転最終戦が行われ、湯浅直樹(スポーツアルペンク)は合計タイム1分29秒33で17位だった。今季の種目別順位は16位となった。出走順に反映するW杯スタートリストランキングは18位に後退。2014年以来の第1シード復帰はならなかった。

 アンドレ・ミレル(スウェーデン)が合計1分27秒97で今季初勝利、通算7勝目を挙げた。既に史上初の総合6連覇と4度目の種目別優勝を決めていたマルセル・ヒルシャー(オーストリア)は4位だった。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月20日のニュース