オーレンドルフ開幕ローテOK 真中監督もひと安心

[ 2017年3月20日 05:30 ]

オープン戦   ヤクルト3―3阪神 ( 2017年3月19日    神宮 )

<ヤ・横>力投するオーレンドルフ
Photo By スポニチ

 ヤクルトの新外国人オーレンドルフが先発し、6回2安打3失点。初回に先頭から2者連続四球を与え、糸井に3ランを浴びたが、2回以降は「低めに投げることを意識した」と無安打投球だった。真中監督も「開幕ローテーションは大丈夫」とひと安心だ。

 昨季はレッズでリリーフとして64試合登板。09年にはパイレーツで11勝をマークした米国出身右腕は、WBC準決勝で母国が日本と対戦することに「知っている選手はたくさんいるけど、どちらの味方でもないよ」と注目の一戦を楽しみにしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月20日のニュース