西武先発の多和田、6回途中10安打2失点を反省「体の開きが早かった」

[ 2017年3月20日 18:10 ]

オープン戦   西武3―2楽天 ( 2017年3月20日    メットライフD )

楽天戦に先発し、6回途中まで2失点の西武・多和田
Photo By 共同

 西武の多和田は制球が甘く、6回途中までに10安打を浴びた。決め球のスライダーが高めに浮き、相手の打ち損じに助けられて2失点でしのぎ「体の開きが早く、腕が出てこなかった」と反省を口にした。

 辻監督から「先発の2番手」と期待されている。緩いカーブを収穫に挙げた一方で、速球とスライダーについては「開幕まで時間がないので、しっかり調整したい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月20日のニュース