プエルトリコ主力温存で13点 1次ラウンドから6戦全勝

[ 2017年3月20日 05:30 ]

2次ラウンドF組   プエルトリコ13―2ベネズエラ ( 2017年3月18日    サンディエゴ )

ベネズエラに大勝したプエルトリコ(AP)
Photo By AP

 プエルトリコは準決勝進出が決まっていたため、正捕手モリーナ(カージナルス)ら主力を温存した。それでも、17安打で13得点。4番に入ったバルガス(ツインズ)が9回に豪快な2ランを放ち攻守ともに収穫が多かった。

 日本と同じく1次ラウンドから6戦全勝でベスト4入り。エドウィン・ロドリゲス監督は「予想より上出来。チームとしてまとまりがあるし誰もが自分の役割をよく分かっている」と2大会連続の決勝進出、そして初優勝へ自信をにじませた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月20日のニュース