源田復活三塁打 西武36年ぶり遊撃新人開幕スタメンほぼ確実

[ 2017年3月20日 05:30 ]

オープン戦   西武6―2巨人 ( 2017年3月19日    メットライフドーム )

<西・巨>6回2死二塁、中越え適時三塁打を放つ源田
Photo By スポニチ

 胃腸炎による発熱から復帰し、4試合ぶりに先発した西武のドラフト3位・源田が2安打1打点と活躍した。5回に投手内野安打を放ち、6回には中越え適時三塁打。本拠地初スタメンで大歓声を浴び「凄い応援で“プロ野球だな”って感じ」と初々しかった。

 胃腸炎で寝込んでいた14日に古巣のトヨタ自動車が「スポニチ大会」で初優勝。「僕が抜けて打線の切れ目がなくなった」と笑い、刺激を受けた。球団では、81年石毛宏典以来36年ぶりとなる遊撃での新人開幕スタメンはほぼ確実だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月20日のニュース