A・ジョーンズ ファンじゃなく正真正銘本塁打キャッチ

[ 2017年3月20日 05:30 ]

2次ラウンドF組   米国6―3ドミニカ共和国 ( 2017年3月18日    サンディエゴ )

<ドミニカ共和国・米国>7回、マチャドの打球をジャンピングキャッチするA・ジョーンズ(AP)
Photo By AP

 米国のもう一人の勝利の立役者は、中堅のA・ジョーンズだ。4―2の7回、マチャドの中堅フェンスを越える大飛球をジャンプしてもぎ取った。2人はオリオールズの同僚でマチャドはヘルメットを振って称えるしかなかった。

 A・ジョーンズは「捕れたことは自分も驚き」。直後にカノに1点差に迫られるソロ本塁打を打たれただけに、値千金のプレー。今大会で相次いだファンによるものではなく、正真正銘の「本塁打キャッチ」となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月20日のニュース