「直球に課題」も唐川無失点継続 開幕3戦目先発有力

[ 2017年3月20日 05:30 ]

オープン戦   ロッテ2―0楽天 ( 2017年3月19日    ZOZOマリン )

<ロ・楽>ロッテ先発の唐川は7回途中まで投げ4安打無失点、笑顔でマウンドを降りる
Photo By スポニチ

 先発枠入りを決めているロッテの唐川が、6回1/3を4安打無失点と好投した。「直球は最後まで修正できなかったので、そこが課題」と振り返るものの、スライダーなど変化球を軸にテンポよくアウトを積み重ねた。

 右人さし指のマメが破れそうになったため交代したが、オープン戦は2試合計8回1/3で無失点。開幕3戦目の4月2日ソフトバンク戦(ヤフオクドーム)での登板が有力な右腕は「公式戦はもっと緊張感が高まると思う。それに負けない準備をしていきたい」と力強かった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月20日のニュース