高橋由「覚悟」の受諾!第18代巨人監督就任、現役生活に終止符

[ 2015年10月24日 05:30 ]

巨人新監督への就任を受諾した高橋由

 巨人は23日、次期監督に高橋由伸外野手兼打撃コーチ(40)が就任すると発表した。この日、高橋由が渡辺恒雄球団最高顧問(89)、白石興二郎オーナー(69)と東京・大手町の読売新聞本社で面会し、監督就任要請を受諾することを報告した。選手は兼ねず、決断と同時に18年に及んだ現役生活に終止符を打った。球団が賭博問題に揺れる中、生え抜きのスーパースターが原辰徳監督(57)の後を受け、第18代巨人軍監督の座に就く。就任会見は26日に開かれる。

 巨人軍の監督就任という人生を懸けた大きな決断に至った高橋由は、球団を通じ、入団時から支えてくれたファンに向けてコメントを出した。

 「本日、渡辺最高顧問、白石オーナーに今季限りで現役を引退し、来季から監督をやらせていただくことを報告しました。巨人軍の歴代監督は偉大な先輩方が務めてきました。そこに少しでも近づけるよう、覚悟を持って邁進(まいしん)します。巨人軍入団から18年間、選手・高橋由伸を応援してくださったファンの皆さまには心から感謝いたします」

 球団から監督就任を要請されたのは20日。席上、入団時の指揮官である長嶋茂雄終身名誉監督からの「高橋君しかいない」という後押しも伝えられた。「球団の方もいろいろな思いがあってのことと思う。大変光栄な話。自分なりに考え、一日も早く答えを出したい」と冷静に受け止め、結論を出す決め手を問われると「僕が覚悟を決めるかどうか」と語っていた。

 一番近くで支え続けてくれた麻衣夫人ら家族や近しい知人にも相談。クライマックスシリーズ敗退後は「来季に向けて選手として気持ちを切り替えていた」と言うが、一方で、数年前から「常に引退ということは意識している」とも語ってきた。「兼任はない。(選手との)両立は難しい」という基準のもとで考え抜き、名だたる先人が務め上げてきた巨人監督に就く気持ちを固めた。

 ◆高橋 由伸(たかはし・よしのぶ)1975年(昭50)4月3日、千葉県生まれの40歳。桐蔭学園で甲子園に2度出場。慶大では3年春に3冠王。通算23本塁打の六大学新記録をマークした。97年ドラフト1位で巨人入団。98年は新人王はならずもセ・リーグ特別表彰を受賞。ベストナイン2度、ゴールデングラブ賞7度。04年アテネ五輪に出場して銅メダルを獲得した。今季から打撃コーチ兼任。通算成績は1819試合で打率.291、321本塁打、986打点、29盗塁。1メートル80、87キロ、右投げ左打ち。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2015年10月24日のニュース