3年ぶり予告先発なし!真中監督「ガッツポーズ取り返したい」

[ 2015年10月24日 05:30 ]

監督会議を終え握手を交わす工藤監督(左)と真中監督

日本シリーズ第1戦 ソフトバンク―ヤクルト

(10月24日 ヤフオクD)
 日本シリーズ開幕前日恒例の監督会議で、ヤクルト・真中監督がソフトバンク・工藤監督の予告先発の申し出を断り、3年ぶりに予告先発を行わないことが決まった。両軍監督の合意があれば導入されていたが、工藤監督の「できれば予告先発を採り入れたい」との提案に、真中監督は「うちは投手の関係があるので、できればなしでお願いしたい」とキッパリ。さらに工藤監督が「じゃんけんでもしますか?」と迫っても「うちがしない場合は、仕方ないと思います」と毅然(きぜん)と断った。

 真中監督は「うちは左もいるし得策ではない。じゃんけんする必要もない。笑顔にはだまされません」と話した。新人監督対決に「意識はしないように」としたが、すでに勝負は始まっていた。

 前日のドラフト会議では高山(明大)をめぐる阪神との抽選で外れクジを当たりと勘違い。派手なガッツポーズを繰り出してしまったが「あのガッツポーズを(日本シリーズで)取り返したい。いくつ負けられるかなんて考えない。1戦目からです」と監督会議同様、先手必勝を誓った。

 ◆日本シリーズ要項
 ☆日程 雨天などで中止の場合は、その球場で順延。第1、2戦の場合は1日移動日を設けて第3戦を行うが、第5、6戦の間の移動日は設けない。第3戦以降に中止となった場合は、第5、6戦の間の移動日は設けない。第8戦が必要な場合は第7戦の翌日に同じ球場で、第9戦は移動日を設け、もう一方の球場で行う。
 ☆延長 第7戦までは15回打ち切り。第8戦以降は制限を設けない。
 ☆DH ソフトバンクがホームの試合で採用。
 ☆予告先発 不採用。
 ☆審判 6人制。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2015年10月24日のニュース