楽天、ロッテ戦力外の川本を調査 捕手の底上げ急務

[ 2015年10月24日 09:30 ]

ロッテを戦力外となった川本

 楽天が今季限りでロッテを戦力外となった川本良平捕手(33)を獲得に向けて調査することが23日、明らかになった。11月10日に行われる12球団合同トライアウト(静岡)でも熱視線を送る。

 川本は04年ドラフト4巡目でヤクルトに入団。自己最多出場数は08年の65試合ながら、勝負強い打撃と堅実なリードには定評がある。13年にロッテに移籍後も正捕手の里崎(現野球評論家)をバックアップしてきた。

 楽天は正捕手の嶋が故障などで離脱した際の戦力ダウンが顕著で、捕手の底上げは補強のテーマの一つ。ドラフト会議でも2人の捕手を指名した。川本は今季は若手の台頭もあり1軍出場はなかったが、球団は守備面を高く評価している。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2015年10月24日のニュース