ジャイアンツ 青木との契約延長オプション行使へ 米メディア伝える

[ 2015年10月24日 08:49 ]

ジャイアンツの青木 (AP)

 米国の複数メディアは23日、ジャイアンツが青木宣親外野手(33)に対して1年550万ドル(約6億7000万円)で、契約延長のオプションを行使する構えであることを伝えた。

 青木は1月にジャイアンツと1年契約を結び、2年目の契約は球団オプションとなっている。今季は93試合に出場して打率2割8分7厘、5本塁打、26打点で、さらに14盗塁をマーク。6月には死球で右足腓骨を骨折して離脱。復帰した8月にも頭部への死球を受け、その後は脳振とうの症状により9月は代打で2試合の出場にとどまった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2015年10月24日のニュース