ドジャース指揮官退任、後任最有力は元巨人のキャプラー氏

[ 2015年10月24日 05:30 ]

巨人時代のキャプラー

 ドジャースで11年から指揮を執ったドン・マッティングリー監督の退任が発表された。理由は明らかにされていないものの、複数の米メディアが、イチローの所属するマーリンズの次期監督候補に名前が挙がっていると報じた。

 54歳の同氏は就任5年目の今季は地区シリーズでメッツに敗れたものの、ナ・リーグ西地区3連覇を達成。後任についてはスポーツ専門局ESPNが最有力候補として、05年に巨人に在籍したゲーブ・キャプラー氏の名前を挙げた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年10月24日のニュース