栗山監督、ドラ1上原の「目力」にホレた“翔平のよう”

[ 2015年10月24日 05:30 ]

栗山監督(右)と笑顔で握手をかわす明大・上原

 日本ハムの栗山監督が、都内の明大合宿所を訪れ、ドラフト1位で指名した上原にあいさつした。「1年目からチームの戦力になりたい。息の長い投手になりたい」と意気込みを語った1メートル90のイケメン左腕と対面し、「スター性があるし、格好いい。プロ野球選手は格好良さも大事」と、まずはルックスにほれ込んだ様子。「目に力がある。翔平(大谷)もそうだけど、優しそうで、どこか言うことを聞かないみたいな」と話した。

 ドラフト4日前の18日には神宮で上原を直接視察しており「スケールが大きい。真っすぐは勝手に速くなる。翔平と同じタイプ」と、今季投手3冠のエースを引き合いに出して、先発の一角として期待した。24日からの法大戦で2季ぶりのリーグ優勝が懸かる上原は「リーグ戦を良い形で終わって、日本一を目指したい」と有終の美を誓った。(柳原 直之) 

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2015年10月24日のニュース