阪神 ドラ1高山、金本監督に「恩返し」の“進化”誓った

[ 2015年10月24日 05:30 ]

島岡元監督の像にプロでの活躍を誓う明大・高山

 阪神から1位で指名された明大の高山俊外野手(22)がドラフト会議から一夜明けた23日、東京都府中市の明大グラウンドでチームの練習に参加し、長距離砲への変身に意欲を見せた。東京六大学リーグの通算最多安打記録を更新したヒットメーカーは、前日の指名あいさつで金本新監督から「本塁打を打てる選手を目指せ」と注文され、アーチストへの進化を決意。左打者にとっては最大の敵となる甲子園の浜風に挑む覚悟を決めた。

 求められたからには、やるだけだ。変革を推し進める猛虎と同じく、高山も、来季からの新スタイルを思い描いている。

 「金本監督に言われた以上、その選手になることが金本監督への恩返しになると思うし、正しいと思います」

 阪神からは将来のクリーンアップを期待され、名誉ある1位指名を受けた。金本新監督は東京六大学リーグの通算安打新記録となる131安打を放った安打製造機に「本塁打を打てる打者になってほしい」と期待を寄せた。そんなメッセージにも、六大学リーグで通算8本塁打、日大三時代に32本塁打を放っている男がプレッシャーを感じることはない。

 「スイングスピードに自信がある。今季の新記録は(長打と)どっちを取るか(の選択で)どんな形でも安打、単打にこだわってきました。そういうバッティングもできる技術がついたという意味で、自分にとって大きいことだと思っています」
 
 自信を裏付けるのは、自他ともに認めるスイングスピードだ。今季、ミズノ社の測定器でヘッドスピードを計測すると161・8キロと同時に計測していた2人のチームメートを圧倒。測定器の種類や、環境によっても異なるが、ソフトバンクの柳田が157キロ、DeNA時代のブランコが158キロというデータがある。高山はプロを代表する強打者をしのぐ数値をたたきだしたことになる。

 阪神の左の長距離砲として活躍するために、どうしても超えなければならない壁が、右翼から左翼へ吹く甲子園独特の浜風だ。高山にハッパを掛けた金本監督も浜風の洗礼を浴びた。02年オフにFAで広島から阪神に移籍した際に清原和博氏(当時巨人)から「おまえは甲子園の浜風とケンカしにいくんやな」とエールを送られたが、移籍1年目の03年は前年の29本塁打から19本に激減。そこから打撃改造に着手し、長距離砲へとモデルチェンジを果たした。04年には自己最多タイの34本、05年にはキャリアハイとなる40本をマークして、“ケンカ”に見事勝利した。

 「求められたからにはスイングスピードを生かして、ホームランを狙っていきたい」

 26日に右手有鉤(ゆうこう)骨骨折の手術を受ける予定で、この日はバットを握らなかったが、「手首以外でやれることは全部しっかりやっていきたい」と意欲。一時も無駄にせず、進化の階段を上っていく。 (久林 幸平)

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2015年10月24日のニュース