短期決戦“知る”工藤監督、連覇へ「1、3戦目が大事」

[ 2015年10月24日 05:30 ]

監督会見を終えた工藤監督

日本シリーズ第1戦 ソフトバンク―ヤクルト

(10月24日 ヤフオクD)
 ソフトバンク・工藤監督は重視する試合について「みんな2戦目というけど僕は1、3戦目が大事」と語った。

 「心の中までは見せないよ」と理由は明かさなかったが、今季は3連戦を勝ち越すことを短期目標に掲げて独走優勝。第2戦後の移動日を挟み、ともに「カード頭」のくくりとなる1、3戦目により力を注ぐつもりだ。現役時代は日本シリーズ14度出場で11度制覇した、短期決戦のスペシャリスト。「連続日本一という最後の難関を勝ち取りたい」と、史上初となる監督交代による日本一連覇を見据えた。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2015年10月24日のニュース