オリックス ドラ1吉田正“生涯フルスイング”宣言!

[ 2015年10月24日 05:30 ]

オリックスの加藤編成部長(右)、中川アマチュアスカウトグループ長(左)から、指名あいさつを受けた青学大の吉田正

 オリックスの加藤康幸編成部長と中川隆治アマチュアスカウトグループ長は23日、神奈川県相模原市の青山学院大を訪れ、ドラフト1位で指名した同大の吉田正尚外野手(22)に指名あいさつを行った。約1時間の会談を終えた吉田正は「期待していると言葉をもらった。結果で返すのがプロの世界」と早くも表情を引き締めた。

 即戦力と言われる魅力は、大学日本代表で4番も務めた打撃だ。加藤編成部長は「初めて見たとき衝撃を受けた」と一目ぼれを告白。1メートル73と大柄ではないが「負けず嫌い」という吉田正の信条が高速のフルスイングだ。

 「(西武の)森選手のように、あいつの打席を見たいと思われたい。(元中日の)小笠原選手もヘルメットを飛ばすぐらいのスイングで、ファンの方も引きつけられた。僕も力強いスイングを続けていきたい」と生涯フルスイングを宣言した。球団は良い数字の番号を用意することを約束。吉田正は「その番号を長い間付けて、吉田の番号と言われる選手になりたい」と抱負を口にした。フルスイングで、オリックスの歴史も塗り替える。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年10月24日のニュース