楽天・則本、133球の力投で3勝目「交流戦で波に乗っていけたら」

[ 2015年5月24日 17:58 ]

<西・楽>3勝目を挙げた則本はスタンドに向かって帽子を振る

パ・リーグ 楽天5―3西武

(5月24日 西武プリンス)
 楽天の則本が力のこもった133球でチームに勝利をもたらした。

 則本は初回にいきなり失点を喫するも、打線が相手の先発・郭俊麟(カク・シュンリン)を攻略してすぐに逆転。5回に1死から4連打を浴びて2失点と反撃を許したが、それ以外は走者を出すも簡単には本塁を踏ませない粘りの投球で今季3勝目を手にした。

 「初回から点を取られてリズムに乗れなかったが、打線の援護もあり、気持ちは楽に投げられた」。そう投球を振り返る則本は今季チームが大きく負け越している西武に対して「カードを勝ち越せて交流戦に臨めてよかった」と安どした。

 開幕から出遅れた則本だが、この勝利で前回登板したロッテ戦に続き2連勝。「交流戦でチームも波に乗っていけたらよいと思う」とエースは投球同様にそのコメントに力を込め、下位からの挽回を誓った。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年5月24日のニュース