指揮官否定せず マー君次戦28日3A登板、即メジャー昇格も

[ 2015年5月24日 05:30 ]

<ヤンキース・レンジャーズ>ベンチから声援を送る田中

 右手首の腱炎と右前腕部の張りで故障者リスト入りしているヤンキースの田中が、27日(日本時間28日)に傘下3Aスクラントンの一員としてポータケット戦で2度目のリハビリ登板に臨むことが決まった。ジョー・ジラルディ監督が明かした。65球がメド。

 その直後のメジャー復帰について問われた指揮官は「投球を見てから決める」としながら「(可能性は)もちろんだ」と語った。

 調整が順調に進めば、6月1日(同2日)からのマリナーズ3連戦で先発復帰する可能性が高まった。田中は21日に3Aのダーラム戦で初のリハビリ登板を行い、3回2安打無失点で41球を投げた。一夜明けたこの日はヤンキースタジアムでキャッチボールなどで調整。メジャー復帰に向けて総仕上げの段階に入ってきた。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年5月24日のニュース