低迷続き試合後に…オリックス・森脇監督 球団首脳とトップ会談

[ 2015年5月24日 07:57 ]

<オ・ロ>6回無死、T―岡田(右端)が二ゴロに倒れ判定に抗議する森脇監督(左から2人目)

パ・リーグ オリックス5-6ロッテ

(5月23日 京セラD)
 両リーグ最速の30敗目となった試合後、オリックスのコーチ会議は1時間近くにも及び、今後の打開策を練った。その後、森脇監督は瀬戸山隆三球団本部長ら球団トップと会談。

 短い時間で終わったようで、同本部長は「具体的な話をしたわけではない。大変な苦戦が続いているが、力を合わせて頑張ろうと話しただけ」と、再度のテコ入れなどは否定した。宮内義彦オーナーも、現状の態勢で巻き返しを図ることに了承しているとし、今が踏ん張りどころと話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年5月24日のニュース